2019-20年度 会長方針

滝澤 勇

2019- 2020年度
厚木ロータリクラブ

会長 滝澤  勇


厚木ロータリーテーマ
~伝統を継承し、
“つながり”を広めよう~

 

RIテーマ
ロータリーは世界をつなぐ
  

 RI会長マーク・ダニエル・マローニー氏はRIテーマを「ロータリーは世界をつなぐ」とされ、「ロータリーの礎は『つながり』です。」と述べています。 

自国や己を“ファースト”とすることによる“分断”が顕著になっている今、人と人の“つながり”が広く求められています。このような時にこそ、ロータリー活動に積極的に参加することが、会員相互の、そして地域社会との“つながり”を広く、強くすることになると信じています。

 今年度は、第6グループのIMを担当します。また、次年度は、クラブ創立60年周を迎えます。そして、新年度スタートと共に、IM実行委員会と60周年実行委員会の二つの実行委員会が立ち上がります。今年度は例年以上に忙しくなりますが、皆様のご協力により、IMを成功させ、次年度の創立60周年事業に向けた、活力ある1年にしたいと思います参加、本年度も何卒宜しくお願い申し上げます。

 時代の変化に合わせて、ロータリーも少しずつ変化していますが、厚木ロータリークラブで変わらないものは、毎週の例会に参加することよって生まれる会員相互の親密な人間関係と深い信頼感であると感じています。昭和と平成を通して諸先輩によって築かれてきた厚木ロータリークラブの良き伝統を令和の時代に引き継いでいきましょう。

 例会出席率の維持・向上に努め、楽しく有意義な例会を通して会員間の親睦を図ることが、また、奉仕活動をはじめ、各委員会の活動を通して地域社会との“つながり”を広め、強めることが、厚木ロータリークラブの更なる発展に通じると考えます。

 今年度1年間、いろいろとお世話になりますが、和田勝美幹事と共に、円滑なクラブ運営が行われるよう努めてまいりますので、皆様のご指導ご鞭撻を、そしてご協力をお願い申し上げます。

 

クラブ会報・IT委員会 | 2016年 7月 01日 金曜日 pm12:30