2020-21年度 会長方針

黒栁 告芳

2020- 2021年度
厚木ロータリクラブ

会長 黒栁 告芳


厚木ロータリーテーマ
~変化を乗り越え 手をつなごう 世代と地域~

 

RIテーマ

 

 国際ロータリー会長ホルガー・クナーク氏は、「奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生み出すものであり、会員自身にも受益者の人生を豊かにする」と呼びかけ、変化を受け入れることの必要性を強調したうえで、「時間は私たちのためにスローダウンしてくれない」。
 私達のあらゆる活動が、誰かのために機会の扉を開いています。従って私たちのテーマは『ロータリーは機会の扉を開く』です、と締めくくりました。

 第2780地区久保田ガバナーは、地区方針を「TOGETHER~+もっと自由に」とされました。

 ご案内の様に、今年度厚木ロータリークラブは創立60周年を迎えます。
 60年前、日本が少し豊かになってきた時に「奉仕の理想」を旗印に厚木の地にロータリークラブを設立されたチャーターメンバー、それを昭和、平成、令和とその精神を受け継ぎ実践してこられた諸先輩方の努力と情熱に尊敬の念を抱き、感謝申し上げます。

 今年度は60周年記念事業が活動の中心になりますがコロナウイルスの影響を受けても柔軟に対応していきたいと思います。
 皆様のご協力をお願い申し上げます。

テーマは、変化を乗り越え 手をつなごう 世代と地域

 自然体でロータリー活動に参加をしていただき、ロータリー精神を基本としたコミュニケーションで、世代価値観を乗り越え、ティーボール大会や地区行事への参加でロータリーイメージの向上を図り、地域社会と強くつながることが厚木ロータリークラブの更なる発展になると考えます。

 報連相を実行していきます。RI や地区からの連絡を私が皆様に報告。幹事から会員の皆様へ連絡。理事役員会で相談を致します。
 連絡はポスティングを基本にと計画していましたが、コロナ感染症の先行きが不透明で、一番大切な例会が開催できないような事態には、滝澤会長年度の連絡方法を継承致します。会員の皆様もスマイルや近況報告等でご参加ください。
 卓話担当の会員は短文のご投稿をお願い致します。

 理事役員会をズームで開催したいと計画しています。
 その後、会員の皆様とのコミュニケーションの機会の扉を開くツールとして使えるように出来ればと思います。

 会員増強委員会につきまして、今年度は全会員の皆様に参加をして頂きます。
会員を減らすことなく厚木ロータリーに相応しい会員増強が出来ますように、些細な情報もご連絡を頂ければ幸いです。ご協力をお願い申し上げます。

 どの様な一年になりますのか、しかし人類は色々な細菌、ウイルスに打ち勝ち共存してきました、朝のこない夜は無いと信じ、この一年間、市川幹事と共に至りませんが、変化を受け入れそれに対応できるクラブ運営に努めて参ります。

 ZOOM 等を導入した新しい例会のあり方を検討し、次に繋がる一年としていきたいと思います。
 この年に会長を拝命させて頂きましたこと、会員の皆様方に感謝申し上げます。
 皆様のご指導とご鞭撻ご協力を宜しくお願い申し上げます。

クラブ会報・IT委員会 | 2016年 7月 01日 金曜日 pm12:30