2018-19年度 会長方針

髙橋 浩

2018- 2019年度
厚木ロータリクラブ

会長 髙橋  浩


厚木ロータリーテーマ
~ゆめ繋ぐロータリー~

RIテーマ 
「インスピレーションになろう

  

  皆様 こんにちは。本年7月から伝統ある厚木ロータリークラブ会長に就任させていただきました。現在次代の会員やそのご家族、お仕事仲間並びに地域住民の方々とのご縁を大切により多くの笑顔を増やせますよう、ご指導ご鞭撻何卒宜しくお願い申し上げます。 

 皆様と分かち合いたい方針目標として 下記ミッション実践出来たらと強く思います。

□元気に例会
 健康な身体、健全な心身 説明は全く必要ないと思いますが、普段お忙しくお元気な会員の皆様には得てしてお身体管理を軽んじている方も多いと存じます。体調管理には万全を期し、アクシデントによる怪我など皆無にて 元気に例会出席100%目指して そして会員相互の親睦を深め、ロータリーライフを楽しみましょう。
○人生にとって健康は目的ではない。しかし最初の条件なのである。 武者小路実篤「人生論」
○本当の富とは健康のことであり、金や銀のことではない。 マハトマ・ガンジー
○健康な身体は魂の客間であり、病身は監獄である。 フランシス・べーコン 「学問の進歩」

□気づきある例会
 会員の皆様におかれましては 毎週貴重なお時間を費やして例会出席 誠にありがとうございます。また、卓話担当者様には更に卓話の準備にご尽力戴きお礼申し上げます。毎週の例会に毎回何らかの気づきを持ち帰っていただけますよう ビジョン、パッション、アクションを以って臨ませていただきますので お仕事・ご家族以外のご予定につきましては 100%例会出席を目指しての行動お願い申し上げます。

□「花のある例会」
 厚木ロータリークラブの 季節感ある 心和む ほっとする伝統であります、「花のある例会」の慣習を本年度も続けて参ります。ご自宅で ご近所で お仕事場で癒される花木 活き活きとした草木お目に留まりましたら、「花のある例会」思い出してください。

□縁から円へ
 もう30年以上前に発刊された「とべバッタ」(作:田島征三)という絵本があります。茂みに暮らしていたバッタが、天敵を逃れて跳びはね、今まで使ったことのない自分の羽をばたつかせて大空を飛んでいく。持ってるものを思いっきり大きく広げれば、武器になることに気づけ!というお話です。
 組織としての宿命として会員増強は本年度も重要な活動方針の1つです。会員の皆様のお仕事での繋がり、今までの交友関係はオンリーワンの素晴らしいアイテムです。しかし、まだご自身お気づきでない有益貴重なご経験を武器として是非次代のロータリアン候補を集め、縁から円へ、そしてより大きな厚木ロータリーの和を形成すべく、新会員候補の積極的な情報開示・ご紹介を何卒宜しくお願い申し上げます。

□「斜めの関係」
 最近、子どもの貧困、孤食、いじめなどが問題になり、その解決策の一つとして、
「斜めの関係」が注目されています。「親-子」、「先生-児童・生徒」という力が介在する縦の関係、「友達同士」という居心地よい横の関係ではない、叔父と甥や近所の親切なおじいちゃんなどの「斜めの関係」があると、子ども達も気楽に本音が言え、立場による力関係が介在せず、好意や信頼が期待できる、程よい間柄のことです。 思えば、昔から地域でのお祭りや季節の行事を準備する中で、「斜めの関係」である年長者から年少者に様々な生きる知恵が伝えられてきました。(オジサンになった今でも盆踊りの櫓は長老たちに命令されながら組まされていますが・・・)
 我々厚木ロータリークラブも新世代奉仕のみならず多くの奉仕活動を通じて地域社会での佳い「斜めの関係」を維持し ロータリーの目的である奉仕の実践を続けていきたいと考えます。

会員の皆様の奉仕活動への積極的なご協力ご参加、本年度も何卒宜しくお願い申し上げます。

クラブ会報・IT委員会 | 2016年 7月 01日 金曜日 pm12:30